【六将戦】団体戦だから

六将戦は後手が食いつき、先手がクリンチに出ています。中村八段は「先手は千日手で許してくださいという感じですね。後手が打開するかどうか。でも打開したら負けそうで怖いです。団体戦だから……」と話しました。チームの勝利がかかる団体戦は個人戦と判断も違ってきます。 先手:小林海都(東京大学)後手:大瀧莉央(トリプルアイズ)▲7六歩 △8四歩 …
コメント:0

続きを読むread more

【七将戦】穴熊流の角切り

七将戦は戦いに入りました。「予想通り振り飛車が暴れてきました」と中村八段。角を切っての猛攻です。角金交換の駒損ですが堅さの差が大きく、先手を持って穴熊党の腕が鳴りそうな展開です。 先手:岡本和哉(トリプルアイズ)後手:大城快之(東京大学)▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △3四歩 ▲5五歩 △6二銀▲5八飛 △4二玉 ▲4八玉 △8五歩 …
コメント:0

続きを読むread more

【六将戦】千日手の可能性

六将戦は激しく戦って終盤戦の様相です。「スピード勝負で千日手もありそうな雰囲気です。後手の端角が攻めにも受けにも利いていて、先手としてはすごく嫌です」と中村八段。先手としては千日手含みでクリンチに出る方針も考えられるかもしれません。 先手:小林海都(東京大学)後手:大瀧莉央(トリプルアイズ)▲7六歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩 ▲7…
コメント:0

続きを読むread more