第33回日本選手権:リコー将棋部出場選手プロフィール

第33回リコー杯アマチュア将棋団体日本選手権、社会人代表:リコーの選手プロフィールです。

菊田裕司
京都大学卒  北海道出身
学生時代にアマタイトルを総なめし「アマ棋界の羽生」とまで言われた。対プロ戦においても実績十分であり、将棋界からも一目おかれる存在である。詰将棋作家でもあり、終盤力に定評がある。海外生活が長く久しぶりの日本選手権になるが、「オーラ」は健在である。
実績:アマ名人、アマ竜王、アマ王将、アマGC、学生名人、高校名人、他
得意戦法:入玉


山田洋次
立命館大学卒  静岡県出身
アマ名人等、数々の全国タイトル獲得の実績がある。どんな戦型でも指しこなす柔軟性と混沌とした局面でのねじりあいの局面に力を発揮する。前リコー将棋主将であり、団体戦にかける思いは誰よりも熱い。
実績:アマ名人、アマ王将、アマGC、全日本選抜、朝日アマ挑戦者、高校名人、他
得意戦法:右玉


細川大市郎
早稲田大学卒  徳島県出身
将棋部キャプテン。最近は、将棋AIを使ったソフト研究により、最先端の将棋を指しこなす。不利になってからの勝負術も健在であり、団体戦にめっぽう強く、勝負強さは将棋部内でもピカ一である。母校との対戦に気持ちも高まる。

実績:平成最強2回、準アマ竜王、学生王将、全国オール学生、学生選手権、高校名人、他
得意戦法:エルモ囲い急戦


武田俊平
立命館大学卒 秋田県出身
誰よりも将棋に熱く、勝負に熱い。その情熱は冷めることなく、昨年までのチームメートであり、編入試験を突破した小山プロに大会で3連勝するなどその力は健在である。将棋はオールラウンダーで迫力のある指し手と不利になってからも諦めない、不屈の闘志に定評がある。
実績:アマ王将、支部名人、赤旗名人、レーティング選手権、準アマ名人2回、アマ竜王4位、他
得意戦法:四間飛車


山内祥敬
東京大学卒 神奈川県出身
部内戦で中川慧梧君に4連勝するなど実力者で、団体戦では常に安定した勝ち星をあげるポイントゲッターである。最近は沼津に赴任し、やや実践不足ではあるが、日本選手権に向けて調整はぬかりなく強敵相手にも力を発揮してくれるだろう。
実績:横浜名人戦2位、アマ王将代表、レーティング戦地区代表、アマ銀河戦地区代表
得意戦法:角換わり


山田雄介
早稲田大学卒  大阪府出身
学生時代は将棋に打ち込み最新型に精通していたが、社会人となり、さまざまな知見と分析を取り入れることで、さらなる進化を遂げた。居飛車正統派であり、序盤、中盤、終盤と隙のない指しまわしをみせる。母校との対戦に先輩の威厳をみせる。
実績:都名人、北海道知事杯、学生名人、全国オール学生、高校名人、中学選抜、他
得意戦法:雁木


木村孝太郎
立命館大学卒 青森県出身
今年度入社したリコー将棋部のエースである。自身で開発した木村システムを引っ提げて銀河戦でプロ相手に4連勝を果たしたが、最近、村田システムと呼ばれるようになりあまり指さなくなってしまった。日本選手権ではかつての「愛着」を取り戻して、再び木村システムを世に知らしめて欲しい。
実績: アマ銀河、準学生名人、中学選抜、他
得意戦法:村田システム

この記事へのコメント